• どっさり!スッキリ!食べても痩せる!腸活サプリ Daizen(ダイゼン)はこちら
  • 40代から始めたい吸うだけ!カンタン美容術。臨床と安全性に2年!医療機関向けの特別セット、水素ガス吸入器ハイドリッチ[レアモ通販オリジナル]の情報はこちら
  • たった10分の入浴でラクラク美白ケア。水素の入浴剤、家庭用水素風呂ハイドロバス i-SUISOはこちら
  • 素材の旨みを極限まで引き出す、非加熱&無添加の完全な自然塩、天日熟成塩の縁(えにし)の情報はこちら
2022年 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

※赤色は休業日です

  • 美容も健康も習慣で変わる!レアシード健康情報はこちら
  • ご質問やお問い合わせにご利用ください。レアシードの公式LINE@をご登録よろしくお願いします。
 

※大きな画像をクリックすると拡大表示ができます。

わんこおいる【ペット用CBDオイル】

原材料:オーガニックMCTオイル
    (アメリカ産)

    CBDを含むヘンプエキス
    (150)


内容量:15ml

賞味期限:商品に別途記載

製造国:アメリカ製
希望小売価格 : 6,380
価格 : 6,380円(税込)
ポイント : 63
数量
 

獲得ポイント:63P

※会員様はログインすると割引表示に切り替わります。
登録はこちら

【にゃんこおいる(ねこ専用CBDオイル)】


BAILEY’SのCBD製品は、コロラド州のロバート・J・シルバー博士監修のもとで適切な用法量/含有成分の指導を受けて作られています。

非遺伝子組み換えでオーガニックに育てられたヘンプを、手摘みで収穫することで高品質を維持しています。

■わんこおいる(ペット用CBDオイル)の特徴

原料と国内製造にこだわった品質だから安心できる

  

特徴 Bailey‘sの創業ストーリー

社長であるベイリー・オキーフの9歳になるパグ犬のベイリーに捧げるために2017年にスタートしました。子犬の時に保護したベイリーは、様々な疾患を抱えており、長期的な健康管理による健康維持が最優先となっています。

ベイリーズは、ベイリーの健康問題解決だけでなく、ペットの多くが抱えるこれからの健康問題に対処する手助けをするために作られました。

ペットの健康問題は、アメリカだけでなく、現在の日本でも多くのペットが問題を抱えていてその一助に成ればとの想いで進出してきました。



 

特徴⓶ Bailey‘sのヘンプエキスの供給元について   

ベイリーズは、コロラドにあるヘンプ農家と提携しています。この提携農家は、米農務省からオーガニック認定を受けた小規模な家族経営農場です。
愛情を持ってヘンプを栽培し、(大手企業のように機械で収穫するのではなく)手摘みで収穫する事で、職人的な高品質を保証しています。
 

特徴 Bailey‘sのこだわる品質について

  • ベイリーズのCBDは有機栽培のヘンプから原料を抽出しており、その他の成分もすべてオーガニック成分のみを使用しています。
    そのためペットの健康に害をもたらす添加物や防腐剤を一切含んでおりません。また、ボトル容器は鉛やヒ素などの残留重金属が残らないよう加熱コーティングを施しています。
     
    ※ベイリーズには、植物性カンナビノイド、テルペン、フラボノイドが豊富に含まれており、最適な治療効果が得られます。製品にはTHCが含まれていないため、ペットに中毒や精神作用をもたらす事は一切ありません。
     

 

特徴ぅ撻奪箸CBDが必要な理由について

私たちが愛する犬や猫を含むすべての哺乳類は、気分・食欲・睡眠などの多くの重要な機能を担うエンドカンナビノイドシステム(ECS)を体内に持っています。
エンドカンナビノイドシステムとは、受容体と呼ばれる細胞と、その細胞に働きかけるカンナビノイドで構成される体内のシステムの事です。鍵穴と鍵の関係と同じで、受容体がカギ穴であり、カンナビノイドがカギです。
カンナビノイドは体内でも生成されますが、加齢やストレスなどの要因で不足しがちになるため、植物性カンナビノイドであるCBDを補給することで健康を維持するために必要な生理反応を起こして健康状態を維持するために働く恒常性を正常化する手助けをします。


特徴Bailey‘sの受賞実績について

カリフォルニア・カンナビス・アワード2019において「ベストCBD製品オブザイヤー」で優勝致しました。



特徴ΑBailey‘sのペットに対する安全性について


ベイリーズのCBD製品は、コロラド州のロバート・J・シルバー博士監修のもとで適切な用法・用量・含有成分の指導を受けて作られています。非遺伝子組み換えでオーガニック(米国内基準)に育てられたヘンプを、手摘みで収穫することで高品質を維持しております。
また、第三者機関でラボテストを実施し、有害な物質が含まれない安全な製品だけをあなたの大切な家族にお届けします。




特徴АBailey‘sの社会貢献活動について


私たちの使命は、CBDオイルにより快適で安心する事の出来るペットを可能な限り増やす事です。動物保護活動への意識向上と還元のために、10本のCBDoイルが売れるごとに、CBDオイルを必要とする動物保護団体や家族のもとへ1本ずつ寄付をしています。



【ペットにCBDオイルを与える目安】



【ペットにCBDを与えるメリットの一例】

 
  • ”作用が無く、アレルギーや皮膚病の改善に役立ちます
アレルギーや皮膚病が酷いペットのほとんどは、プレドニンなどのステロイドを  多量に含んだ医薬品を定期的に服用します。プレドニンを服用し続けることにより慢性的な喉の渇き、異常な空腹感、うめき、倦怠感、感染症(特に細菌性皮膚感染症)などの副作用があると言われています。
※は副作用が無くアレルギーや皮膚病を緩和すると年にイタリアで研究結果が出ています。
 
  • 不安から起る吠える、カムなどの行動軽減に役立ちます。
来客時のインターホン、雷、病院での恐怖体験など、何かに怯えると犬は吠えたりかみついたりします。この恐怖体験などから起る吠える・噛むなどの行動を軽減します。
 
  • 食欲増進・消化不良解消に役立ちます。
  • CBDには、消化器系の恒常性のバランスを整える効果が有ります。そのため栄養不足のペットの食欲を促進するのに役立ちます。
  • ど作用が無くてんかん発作を緩和します。
てんかん発作とは脳が電気的にショートを起こし、けいれん発作を繰り返し起こることを指します。
てんかんで処方される薬にはフェノバール等の抗てんかん薬が処方されますが、副作用が辛く吐き気・頭痛・脱毛・歯肉の腫れ・肝不全・必要以上の鎮静効果・多動・睡眠障害・過敏症や長期的な使用により腎臓機能障害を起こすと言われています。
  1. CBDは副作用を最大限に減少させててんかん発作を抑えるという研究結果が2013年にイギリスで取られています。
  • ゴ慇瓠Ω坿慇瓩猟砲澆箟蠑匹魴攜困気擦襪里北鯲ちます。
  • の効果として多くの実績を出しているのが抗炎症作用や鎮痛作用です。
  • 年のカナダの研究機関の研究結果によると、関節炎や変形性関節賞を引き起こした動物にCBDを経口投与したところ、関節炎の進行をブロックしたという結果や関節の炎症を減少させ神経の保護剤としての効果を発揮したという研究結果が出ています。
また、年に発表された論文には、を含むカンナビノイドが多発性硬化症やガンによって引き起こされる痛みに効果的であると記されています。

 
  • ξ估眈磧η鯑眈磴両評緩和に役立ちます。
緑内障は犬種によっては非常に一般的な目の病気です。原因は眼圧が高くなり、眼の中の液体の排出が不十分になることがあげられます。また症状が進行すると、視野や視力を回復する事が出来ない上、初期段階は、自覚症状もほとんどありません。
これに対し、は(エンドカンナビノイドシステム)を正常な状態に整える事で、眼圧を下げる効果があると言われております。また、これに伴う吐き気や頭痛を鎮静作用により緩和する事が出来ます。